2010年05月12日

学校現場の「問題」解決を支援 弁護士、精神科医らがチーム 千葉(産経新聞)

 学校現場で生じる保護者や地域住民とのさまざまな問題に対処するため、県は「学校問題解決支援チーム」を立ちあげ、第1回会議を開催した。

 全国的に「モンスターペアレント」と呼ばれる保護者の存在が問題になるなど、近年学校では保護者や地域住民からの多様な意見や要望の対応に追われ、教師が子供と向き合う時間が減っているという。

 同チームは弁護士、精神科医、臨床心理士、民生委員の専門家4人と関係課職員らで構成。対象となるのは、明らかに理不尽な要求などが繰り返され、学校での対応に時間的、精神的に限界があるものや、法律、医療関係者など専門家の判断が必要なケースだ。今後は月1回程度会議を開き、学校や市町村教委に対して対応や解決策を指導、助言していくという。

【関連記事】
モンスターペアレント対策で都教委が手引書
問題発生時 学校側、モンスターペアレント対応能力磨け
モンスター保護者、指導不満で「迷惑料」要求
子育てヒント、“親学”推進 モンスターペアレント撲滅効果も
「店が悪い!」 万引現場に“モンスターペアレント”

辻食文化賞 奥村彪生さんの著作など受賞(毎日新聞)
谷亮子氏 参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
何人ご存知?歴史の偉人150人が並ぶゴム印の掛け軸(産経新聞)
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
徳之島3町長、一切の受け入れ拒否(産経新聞)
posted by マナベ ユキオ at 22:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。